まさおのこんにゃく 北海道厚沢部町

 北海道厚沢部町の畑作農家、木村容男さん(70)が手作りする。北海道でコンニャク芋の栽培は珍しいが「以前、山形で食べたこんにゃくの味が忘れられなかった」という木村さんが、約10年前に栽培を始めた。

 群馬県の農家へ視察に行き、施肥量や収穫後の保存方法を学んだ。自宅に隣接した加工場で蒸して砕いた芋の練り方を工夫するなど、試行錯誤を経て納得の味を完成させた。

 歯触りが良く、二度ゆでしているので臭味がなく、刺し身でも食べられる人気商品だ。

 1個入り1袋380円。地元の厚沢部町の道の駅や函館市内のスーパーなどで販売する。

 問い合わせは木村さん、(電)090(8901)0164

おすすめ記事

一村逸品の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは