農地バンク・農業会議合併 新組織「ひょうご農林機構」が誕生 兵庫県

 兵庫県の農地中間管理機構(農地集積バンク)である兵庫みどり公社と、県内40市町の農業委員会を束ねる県農業会議が合併し、新組織「ひょうご農林機構」が誕生した。より現場に近い農業委員会のネットワークを駆使し、農地集積バンクとしての機能を強化、農地の集積・集約を加速させる。合併は公社が会議を吸収する形で、「農業会議」を冠した法人がなくなるのは47都道府県で初めて。(北坂公紀)
 

現場と連携、機能強化へ


 新組織は1日付で発足した。……
1 2

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは