コロナ下節分に葉物や実 魔よけ飾り試験販売 大田花き

「疫病退散」の願いを込めたスワッグ風の節分飾り(大田花き提供)

 花き卸の大田花きは、2月2日の節分に向けて葉物や実を使った魔よけ飾りを初めて開発した。新型コロナウイルスが猛威を振るう中、「疫病退散」の意図を込めた。首都圏のスーパー限定で試験販売する。店頭価格は500~600円を想定し、来年以降の本格販売を視野に入れる。

 縁起物の植物を束ねて壁に飾るタイプで、大きさはA4サイズ。厄よけに用いられるヒイラギに加え、古来、神聖なものとされるヒカゲノカズラ、一部地域で豆まきに使われるラッカセイ、「難を転じて福となす」ナンテンの実などを合わせた。

 大田花きと買参人の加工業者とで、計400個を手作りした。首都圏に展開するスーパーのサミットとヤオコーで限定販売する。今後は業者の加工ラインで効率よく生産できるよう、花材や組み方などを工夫していく。

 同社は「花業界の物日ではなかった節分に、新しい需要をつくる」と今後を見据える。

おすすめ記事

新型コロナの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは