[未来人材] 32歳。米国研修で農業決意 仲間や近隣と栽培開始 サツマイモも特産に 北海道由仁町 川端祐平さん

「全国に認知される産地を目指したい」という川端さん(北海道由仁町で)

 北海道由仁町の川端祐平さん(32)は、道内では珍しいサツマイモを栽培するグループを4Hクラブの仲間とつくり、地域の新たな特産を目指している。仲間との挑戦を通じ、地域活性化を見据える。

 川端さんは、拓殖大学北海道短期大学を卒業後、米国で1年半農業研修を受けた。研修先の農場主は経営に明るく、農場の細かい部分にも目が届く農業者の鏡のようなタイプ。この農家との出会いが、実家の農業を継ぐ思いを決定づけた。

 2011年に就農し、現在約30ヘクタールで水稲(4ヘクタール)、小麦(10ヘクタール)、大豆(10ヘクタール)、子実トウモロコシ(2ヘクタール)、ブロッコリー(二毛作、約2ヘクタール)、カボチャ(約1ヘクタール)、中玉トマト(ハウス1棟)とサツマイモを栽培している。

 サツマイモとの出合いは、15年にJAそらち南青年部で行った食育活動だった。収穫した時の子どもたちの楽しそうな表情を見て、自分の子どもにも喜んでもらいたくて栽培を始めた。栽培を続けるうち、管理に手間が掛からず、他の作物の作業にも影響が少ないことが分かってきた。「経営を担う品目として取り入れられるのではないか」と考え、17年から本格的に勉強を始めた。

 加入している由仁町4Hクラブを中心に活動を開始。近隣の栗山町4Hクラブにも声を掛け、合同で栽培を始めた。地域に合う品種を選ぶため8品種を作付けし、首長や札幌の有名ホテルシェフらに糖度や食味などを審査してもらい、2品種に絞り込んだ。この時に貯蔵や温度・湿度管理なども学び、コストをかけずに貯蔵条件を満たすことを研究。販売ルートも開拓し、10件ほどの取引先を持つ。

 19年からは川端さんが代表となり、メンバー16人で「そらち南さつまいもクラブ」を設立。「ベニアズマ」を使う新ブランド「由栗(ゆっくり)いも」として、地域の特産化を目指す。「由栗いも」には、由仁と栗山の頭文字を取り「ゆっくりと熟成しておいしい芋になってほしい」との思いを込めた。川端さんは「全国的に認知される産地になれば挑戦したかいがある。同じ思いを持つ仲間に出会えて本当によかった」と語る。
 

農のひととき


 料理が好きで、ギョーザやローストビーフを作る。サツマイモ料理でおいしかったのは、炊き込みご飯。自分ではまだ作ったことがないものの、今まで食べた中で一番おいしかったという。料理は心を穏やかにさせる存在だ。

 家族といる時間が大切な時間。仕事が終わり家に帰って、妻や子どもたちと会話して心を落ち着かせている。
 

おすすめ記事

若者力の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは