[あんぐる] 農業もPRも任せろ 「農業男子×総選挙」3人の広報大使

所有する畑でキャベツを収穫する岡田さんは娘2人の父親でもある。「家族の笑顔を見るたび、食の安全は強く意識しますね」。2万270票を獲得した(東京都三鷹市で)

 「東京の農業は、オレに任せろ!」。JA東京グループは昨年10月から約2カ月にわたって、地元農業の魅力を伝える広報大使の募集企画「農業男子×総選挙」を実施、次世代を担う農業者14人から3人を年末に選出した。旬な発想は各種媒体を通じて全国に拡散。主催者側は「うれしい悲鳴」を上げる一方、これを好機として一般の人たちに東京の農業への関心を深めてもらいたいと期待を込める。
 

 

試合直前、バスケットコート中央に立つ農業男子の3人。鳴りやまない拍手が会場を包んだ(東京都立川市で)
 昨年暮れ、東京都立川市。男子プロバスケットボールBリーグ公式戦のコート中央に岡田啓太さん(33)、金子倫康さん(36)、高橋徹さん(35)の姿があった。投票数13万8052票から選ばれた農業男子の初披露は、試合前に行われた撮影会や農産物無料配布なども奏功し、新型コロナウイルス対策で声援自粛が求められる中、満場の拍手が熱気となって会場を包んだ。

 1位の岡田さんは農家出身の妻との結婚を機に2018年夏、会社員から転じた。「投票をきっかけに東京で農業を頑張る若手を知ってもらいたい」。元日本代表の現役アメリカンフットボール選手。ベンチプレス165キロを上げた体は、義父の源治さん(72)が例えて「農機具1台分」。大玉のキャベツもハクサイも片手でわしづかみだ。

 企画したJA東京中央会の大島誠明広報課長は「東京には農地がない、後継者がいないといった印象を覆したかった」と語る。

 農水省によると、東京都は耕地面積が全国最小の約6800ヘクタール(18年現在)で、46位の大阪府と比べてもその半分程度。戸数も10年からの5年間で1877戸減少し、1万1222戸に。もともと就業人口が道府県と比べて少ないだけに深刻な数字だ。

 だが、大島さんは「視点を変えれば、都市農業は産地から顧客に届く距離が近い利点がある」と説明する。生産者の目が行き届く範囲の土地で作られた安全・安心に加え、鮮度も「売り」の一つ。東京農業の「顔」を決めるのが今回の試みだ。

 コロナ下の今、農業男子は新聞やテレビ、ラジオなどへの出演を通して広報大使を務める。だが、何より収束に向かい、大勢の人たちと直接触れ合う日が訪れることを心待ちにしている。(仙波理)

「あんぐる」の写真(全5枚)は日本農業新聞の紙面とデータベースでご覧になれます
 

おすすめ記事

あんぐるの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは