ダウナー牛症候群 乳熱 早期発見治療を

ダウナー牛症候群のため起立不能となった牛

特 徴


 乳用牛が乳熱(分娩=ぶんべん=性低カルシウム血症)を伴わずに起立不能、もしくは起立困難となった状態で、分娩後7日以内の高泌乳牛に多発する。乳熱とは異なり、カルシウム剤の投与では起立せず、検査しても特定の診断名を下すことができない。

 本病は、乳熱に対する治療の遅れや大腸菌などによる甚急性乳房炎、あるいは分娩時の産道損傷、滑走や転倒による骨折、脱臼、筋損傷などによって起立困難な状態が持続し、その後の筋肉および神経のまひによって起立不能となる。

 前肢に異常は見られず、後肢のまひによって脱力し、起立不能になっている場合が多い。意識は明瞭で、食欲は減退するが消失せず反すうも行う。

 循環障害を伴った場合には、心拍数や呼吸数の増加、泡沫(ほうまつ)性のよだれが現れ、苦しそうな様子を示し、心臓に異常がみられることもある。牛海綿状脳症(BSE)でも末期には起立不能を起こすとされていることから検査が必要である。

 

対 策


 多くは乳熱に続いて発症するため、乳熱を早期に発見し、治療することが予防につながる。起立困難になった場合は、わらなどの軟らかい敷料で寝床を作り、頻繁に寝返りを行うことによって筋肉の圧迫壊死(えし)を防ぐ。

 また、不自然な姿勢となりやすいスタンチョンでの分娩や、滑りやすい牛床の上での分娩を避け、体に損傷を与えないようにする。分娩徴候の観察を十分に行うことが、本症の予防に重要である。

(農研機構・動物衛生研究所寒地酪農衛生研究領域主任研究員・菊佳男)

・筆者の役職は当時の役職です。

・掲載日:2011/10/26

おすすめ記事

家畜疾病図鑑の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは