エゾウコギ 強壮と疲労回復作用

血圧を下げる効果などがあるエゾウコギ

 エゾウコギは高さ2メートルほどで、秋に紫黒色の果実がつきます。
 

採 取


 薬用部位は根皮で、生薬名は「五加皮(ごかひ)」または「刺五加(しごか)」です。秋に根を掘り取り、水でよく洗ってから皮をはぎ、日干しで乾燥させます。
 

使用法


 成分はエレウテロサイド、タンニン、セサミン、ビタミンA、Bなどを含みます。エレウテロサイドはサポニン配糖体で、同じウコギ科の薬用ニンジンや田七人参(にんじん)に含まれるサポニン類と近縁の構造を持っていて同じような薬効があるとされます。

 薬効は血管を拡張して血圧を下げる他、中枢神経に作用して鎮静効果が認められます。強壮、鎮静薬としてリウマチ、神経痛、かっけ、失眠、食欲不振、疲労回復などに用いられます。特に筋肉の抵抗力を増強させる作用が強いので、強壮、疲労回復などの作用もあり、スポーツの強化訓練に利用されます。1980年のモスクワオリンピックで、旧ソ連の選手が好成績を出しましたが、その理由の一つがエゾウコギのエキスだったといわれます。また成長期の子どもに用いると、記憶力の向上が認められるともいわれます。

 強壮、疲労回復に「刺五加」の1回量5グラムを、水500ミリリットルで煎じ、半量に煮詰めたものを就寝前に服用します。

 エゾウコギを用いた健康薬酒は刻んだ「刺五加」100グラムに砂糖150グラムを加えて、ホワイトリカー1.8リットルに漬け、冷暗所で熟成させます。3カ月したら、布などでこして就寝前に20~30ミリリットルを服用します。
  

おすすめ記事

薬草百科の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは