高校球児が各地で熱戦を繰り広げている

 高校球児が各地で熱戦を繰り広げている。目指すは甲子園球場。今年もさまざまなドラマが生まれるのだろう▼甲子園名物といえば、六甲山系の地下水の氷をビニール袋に詰めた「かちわり氷」、外壁を覆うツタ。それにプロ球団の阪神タイガースの球団歌「六甲おろし」と過激さで知られる阪神ファンのやじも加えたい▼熱狂的な虎ファンが飛ばすやじは相手チームにとって脅威だが、身内にも向けられる。三振に倒れると、「お前、三振タイガースやないか」。牛丼好きな選手には「打点も特盛りにせんかいや」。やじは熱心に観戦している証拠で、“かわいさ余って”というのがファンの言い分だそうだ▼そういうものかと感心していたら、安倍首相が参院選の街頭演説をしている際、「やめろ」「帰れ」とやじを飛ばした市民が、警官に取り押さえられたというニュースを読んだ。公職選挙法の「選挙の自由妨害」違反になる恐れがあったという。品のない言葉はいただけないが、選挙になれば有権者も熱くなる。警察が介入する野暮なことは御免被りたい。敵味方ではなく、熱烈な叱咤{{しった}}激励として受け止める度量はこの国にないのだろうか▼「強い経済で所得をふやす」。自民党の参院選公約にこうある。ほな、農家所得は特盛りで頼みまっせ。 

おすすめ記事

四季の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは