[活写] 小さな郷愁… 農の今昔物語

野口さんが作った昔の農作業を再現した竹細工。火であぶって曲げた竹も使う(長崎県大村市で)

 長崎県大村市で昔の遊びなどを体験する施設「のだけ村」を営む野口敏幸さん(69)が手掛ける、農作業の素朴な竹細工が注目を集めている。

 のこぎりで切った竹を組み合わせたもので、大きさは5センチから20センチほど。千歯こぎや牛が引くすきなどの農具も作り、農家が脱穀や田植えなど農作業に励む様子を表現している。

 野口さんは農家出身で、機械化が進む前の農作業を形にして残そうと、2017年に竹細工を作り始めた。完成品は、実家で使っていた古い農具と一緒に展示している。

 竹細工作りの講座も催し、休日には家族連れを中心に約200人以上が訪れる人気ぶりだ。野口さんは「かつて活躍した農具がどのように使われていたか、子どもたちに学んでほしい」と話す。(富永健太郎)
 

 

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは