自家製干し芋 紅はるか 岩手県奥州市

自家製干し芋 紅はるか

 岩手県奥州市江刺の農家、佐々木嘉春さん(49)が、サツマイモの栽培から加工までを手掛ける。自家産の「べにはるか」をふかしてスライスし、10~15日間天日干しした物をオーブンで加熱滅菌して仕上げている。

 でんぷんが糖化し、キャラメルのような食感と味を楽しめる。商品化へ数種類の品種を試し「べにはるか」を採用。ねっとりとした甘さが癖になるおいしさだ。

 1袋(150グラム入り)324円。JA江刺の産直施設「江刺ふるさと市場」で1月から3月末まで販売する。

 問い合わせは「江刺ふるさと市場」、(電)0197(31)2080。

おすすめ記事

一村逸品の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは