道外向け青果物安定供給 パレット拡大 5割へ 運転手不足に対処 ホクレンと道内JA

パレットに載せ、トラックに積み込まれるジャガイモ(北海道帯広市で)

 トラックドライバーの人材不足が深刻化する中、北海道のホクレンとJAが青果物のパレット輸送を強化している。道外輸送の年間約100万トンの青果物のうち、2019年度のパレット輸送は前年度比4割増の23万トンの見込みで、21年度に50万トンにすることが目標だ。パレット輸送で荷降ろしの負担軽減や拘束時間の短縮化でドライバーを確保し、安定供給につなげる。(洲見菜種)

 青果物はトラックの荷台に直接荷物を載せる「じか置き」が多い。手間が掛かるため、輸送を敬遠されるケースは少なくない。

 北海道は農畜産物の7割を道外に出荷しており物流停滞は死活問題。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは