高校競技とコロナ 練習の糧は未来に輝く

 「夏の甲子園」をはじめ高校生の競技大会の中止が相次いでいる。新型コロナウイルスの感染を避けるためであり、やむを得ない判断だろうが、練習を重ねてきた生徒のことを思うとつらい。一日も早く、競技を満喫できる安全な環境を取り戻さなければならない。

 甲子園での高校野球は、プレーする球児の目標であるだけでなく、見る側にも勇気や感動を与えてくれる。ユニホームが真っ黒になるまで力の限りに繰り広げられるハッスルプレーは、見る人を魅了する。

 2年前の「夏の甲子園」で準優勝に輝いた金足農高(秋田)の雄姿が記憶に新しい。「雑草軍団」と呼ばれたチームの活躍は、全国の農業高校で学ぶ生徒に加え、農産物の輸入自由化問題や自然災害で気持ちが沈みがちな農業者や、取り残されたように農山村に住む人々にも大きな勇気を与えてくれた。高校野球には、そうした力がある。

 中止となった春の選抜大会には、北海道の帯広農高が出場する予定だった。地元の期待は大きく、夏に勝ち上がって活躍することに期待を寄せていた。前田康晴監督は「公立高校の選手の大半は『本気でやる野球人生』を高校で終える。だからこそ、目標である夏の大会はやってほしかった」と、コメントを出した。無念さが伝わる。

 新型コロナ禍で取りやめとなった全国大会は、野球にとどまらない。8月に開かれることになっていた高校スポーツ最大の祭典と言われる夏の全国高校総体(インターハイ)も、始まって以来の中止を決めた。全日本吹奏楽コンクールなど文化系もである。

 10月に静岡県で予定していた日本学校農業クラブ全国大会も中止が決まった。農業高校の「甲子園」とも呼ばれ、全国の農高生が研究成果や意見を発表する場だった。生徒らの健康を最優先するためだが、残念である。8月ごろに開く各ブロック大会の中止も検討されており、各都道府県で代わりとなる大会を目指す動きがあるという。可能な限り知恵を絞ってほしい。

 全国大会を目指して鍛錬を重ねてきた諸君の落胆を到底癒やすことはできないが、これまでの厳しい練習が、無駄になるわけではない。君たちの血肉になっているはずだ。

 実力を発揮するチャンスはきっと訪れる。一つの目標に向かってみんなで力を合わせて取り組むことの大切さや、鍛えた忍耐力は、長い人生の中できっと役立つはずである。自信を持ってほしい。

 安全な環境と平和があってこその競技である。紛争が続く地域や国では、練習することすらままならない。オリンピックが「平和の祭典」と言われるゆえんだ。安心して競技ができる環境を早くつくり出さなければならない。将来ある若人が無念の涙を流すことのないように、官民挙げて新型コロナ対策に全力を尽くすべきだ。

おすすめ記事

論説の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは