[現場ルポ 熱源を歩く] 所得か、伝統か 主食需要手探り 産地の秋田・岩手

契約栽培に力を入れる柴田さん(右)とJA職員(秋田県横手市で)

 米の生産調整の見直しから3年目。国は「需要に応じた米作り」を推進し、最終的な作付けは産地に委ねている。卸の要望に応えて拡大する産地、全国の需要減を受け、独自助成で転作を進める産地……。現場はそれぞれが考える「需要」に応じようと、手探りの状態だ。「所得か、伝統か、プライドか。守りたいものと日々葛藤している」。主食用米を作り半世紀の農家が田植えを終えた水田を見つめてつぶやいた。

 2020年産主食用米の需要は前年より10万トン減る見通し。4月末時点で35都道府県が前年並みの作付け意向を示した。JA全中は、国が示す適正生産量を20万トン上回る恐れがあると試算。農水省は転作助成金の申請期限を出来秋直前の8月末に延ばし、主食用米の用途変更を促す。

 「転作を勧められても主食用米は卸から引き合いが強い。長年作ってきた米を今更簡単に変えられない」。秋田県横手市の水稲農家、柴田康孝さん(54)が本音を漏らす。5代以上続く農家で物心付いた時から父の手伝いをしてきた。15年前に事業継承し、2ヘクタールから9ヘクタールに拡大。同時に、肥料と農薬が基準の半分以下で栽培する特別栽培米に注力してきた。今では9割が特別栽培米だ。「ほぼ肥料も使わないので収量にばらつきがあるが、安全・安心は日本一」と自負する。そんな手が掛かった米に「やっぱり食卓で食べてもらうのが一番うれしいよな」とつぶやく。……
 
1 2

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは