[あんぐる] 映えて 栄えて 赤米で地域おこし(岡山県総社市)

夕焼けで赤く染まる赤米の稲穂。見頃は出穂してから2週間ほどの限られた時間だ(岡山県総社市で)

 夕焼けに染まる朱色の稲穂――。

 岡山県総社市では日本で3カ所しかない神前に赤米を供える「赤米神事」が継承されている。観光名所である備中国分寺の前には赤米の水田が広がり、稲穂が色づく見頃には多くの観光客が訪れる。また近年では生産が広がっている。赤米はビタミンやポリフェノールが豊富で、甘酒などの加工品は人気商品になっている。

 赤米は飛鳥時代には栽培されていたといわれる古代米で、玄米の種皮が赤いのが特徴だ。

 総社市の五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する神事「赤米の神饌(しんせん)」は、県の重要無形民俗文化財に指定されており、神事で供える「総社赤米」は、門外不出で地元の有志らの手によって守られてきた。

 この伝統の赤米に新しい風が吹き始めている。難波尚吾さん(39)、友子さん(39)夫妻は、2011年から総社市で赤米の栽培を始め、3人の農家と共に「総社古代米生産組合」を設立。県が開発した「総社赤米」に「サイワイモチ」を掛け合わせた赤米「あかおにもち」などを5ヘクタールで栽培し、赤米を使った商品開発を手掛ける「レッドライスカンパニー」を立ち上げた。

 

備中国分寺前の水田で赤米の状態を確認する難波尚吾さん(左)と友子さん。すぐそばには五重塔が見える
 難波さんらは食品メーカーで勤務した経験を生かして甘酒や塩こうじなど20種類以上の商品を開発。18年には自社加工場を立ち上げ、幅広い加工品作りに力を入れる。

 また耕作放棄地で赤米の栽培を始めたことで、出穂の時期の幻想的な風景がインターネット交流サイト(SNS)で話題になった。

 16年から市などが毎年開く「赤米フェスタ」では、備中国分寺前の広場でコンサートが開かれる。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止したが、総社赤米大使の歌手、相川七瀬さんの歌唱シーンなどを収録した動画をユーチューブで公開した。尚吾さんは「赤米で総社の魅力を日本や世界に向けて発信したい」と笑顔を見せる。(釜江紗英)

「あんぐる」の写真(全5枚)は日本農業新聞の紙面とデータベースでご覧になれます
 

おすすめ記事

あんぐるの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは