[あんぐる] 行ったり来たり 権座の稲刈り(滋賀県近江八幡市)

早朝、田舟でコンバインを権座まで運ぶ農家。静かな水面が鏡のように舟を映した(滋賀県近江八幡市で)

 秋晴れの空の下、農機を載せた田舟が鏡のような湖上を静かに渡る──。

 滋賀県近江八幡市、琵琶湖そばの内湖「西の湖」には、舟でしかたどり着くことができない水田がある。「権座」と呼ばれる面積2・5ヘクタールの小島で、地元農家が酒造好適米を栽培。コンバインを木製の田舟で運び入れ、秋の実りを収穫した。 12日の朝7時ごろ、地元の農家6人が同市白王町の船着き場に集合した。木製の田舟4隻を連結し、はしごを掛け、転覆しないよう2トンのコンバインを慎重に載せる。その後約150メートル先の権座の船着き場までゆっくりと水上を進んだ。

 農家は「権座・水郷を守り育てる会」のメンバー。会長の東房男さん(75)は、「半漁半農の集落だったので、どの家にも田舟があった。小学生の頃は牛を舟で運んでいた」と懐かしむ。

 

西の湖に浮かぶ権座。収穫する水田によって二つの船着き場を使い分ける
 かつて地域には権座のような水田が七つあったが、戦後の干拓事業によって権座以外は陸続きになった。2006年、地区周辺の水郷風景が国の重要文化的景観の第1号に指定されたことをきっかけに保存の機運が高まり、08年に同会が発足した。

 権座には水田が11枚あり、耕作面積は1・5ヘクタール。それぞれ「安五郎」や「孫助」など地元の地権者の屋号で呼ばれている。08年から名前が権座にふさわしいと酒造好適米「滋賀渡船6号」の作付けを開始。09年には収穫した米を使い、東近江市の喜多酒造が日本酒の醸造を始めた。
 
 同会は水郷の原風景を守るため、権座に橋は架けず、不便さや転覆の危険を伴っても、舟での往来を続ける。同会事務局長の大西實さん(65)は、「何にでも効率化やスピード感が求められる時代だが、権座では時がゆったり流れる」と、田舟に収穫したもみを載せ、権座と陸地を何度も往復していた。(釜江紗英)

おすすめ記事

あんぐるの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは