齋藤園 梨の飲む酢 千葉県旭市

齋藤園 梨の飲む酢

 千葉県旭市で梨を栽培する齋藤博さん(60)が営む「齋藤園」が売り出している「飲む酢」。程よい甘さに柔らかい酸味が特徴の梨「愛宕」が原料だ。商品にはすりおろした果実も入り、ざらざらとした梨の食感や風味を味わえる。4倍希釈タイプで、牛乳や炭酸水で割って飲むのはもちろん、ドレッシングにも向くという。

 同園が梨の加工を考えていた5年前、県内で開かれた展示会で津市の食品製造会社「山二造酢」と知り合ったことが契機となった。同社に年末に梨を送り、翌年1月には酢が出来上がる。

 1本(200ミリリットル)750円。同園やJAちばみどり農産物直売所「みどりの大地」で扱う。

 問い合わせは齋藤園、(電)0479(62)1091。
 

おすすめ記事

一村逸品の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは