ナカジロシタバ 食害目立てば防除を

ナカジロシタバの老齢幼虫

特 徴


 ナカジロシタバの成虫は、体長が2センチ程度のガだ。前翅(ぜんし)は大部分が黒褐色、後翅は基部が白で外側半分が黒褐色だ。

 成虫はサツマイモやヨウサイ(エンサイ、クウシンサイ)などのヒルガオ科植物に産卵し、幼虫が葉を食害する。ふ化直後の幼虫は褐色、体長が約2.5ミリで、シャクトリムシのように歩行する。老齢幼虫は体長が40~50ミリ、灰青色で、背面と側面に明瞭な黄色線がある。幼虫は成長するに従い摂食量が増加し、老齢幼虫は葉脈と葉柄を残して食害するようになる。

 秋季に老熟幼虫が土に潜って蛹室(ようしつ)を作り、その中で越冬する。関東地域では年に3世代発生するが、9、10月に発生する第3世代の被害が最も多い。
 

防 除


 サツマイモにおけるナカジロシタバの防除適期は、未展開葉や展開葉に丸く穴の開いた葉が目立つようになる時期で、この時期は若齢幼虫から中齢幼虫の発生時期に当たる。老齢幼虫になると食害量が多くなり急激に被害が進むので、早めに防除する。

 農薬に対する抵抗性は認められていないので、登録農薬を適期に散布することで十分な防除効果が得られる。

(茨城県農業総合センター農業研究所水田利用研究室室長・横須賀知之)
 

注 意


・記事中の農薬は掲載日時点の登録薬剤です。
・筆者の役職は当時の役職です。
・掲載日:2010/12/2

おすすめ記事

病害虫図鑑の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは