日本農業新聞データベースサービスのご案内(法人向け)

日本農業新聞データベース
 

日本農業新聞データベースは読みたい記事をすぐ引き出せます

 日本農業新聞データベースサービスは、出張先でも海外でも、端末(PC・スマホ・タブレット可)を選ばす、毎朝6時にその日の日本農業新聞に掲載された全国の記事(約300本全国版、ブロック版、県版含む)を読めるというものです。

 

 日本農業新聞に掲載した新型コロナウイルスに対する、全国の生産者やJAの取り組み、行政の支援情報をあまねく把握することができます。また、新型コロナウイルス収束後のアグリビジネスの展開、産地復興、農業者支援などへの対応にも、ご活用いただけます。 ⇒ 詳細な資料はこちら(PDF)

   

日本農業新聞データベースの特長

①出張先でも海外でも、スマホやPC、タブレットで閲覧可
 インターネットにつながれば、毎朝6時にその日の日本農業新聞の全国の記事(約300本全国版、ブロック版、県版含む)を読むことができます。訪問先での話題づくりにご活用いただけます。

 

②100万件を超す信頼の専門情報を引き出せる
 1999年1月1日付以降の100万件を超す記事を収録しています。「キーワード」による記事検索で、農業に関するあらゆる疑問の解消に役立ちます。

 

③紙面の切り抜き簡単に
 2015年4月1日付以降の記事については、ほとんど全ての記事の切り抜きイメージ(PDF)を表示・印刷できます。A3サイズの記事もA4サイズに自動リサイズするため、クリッピング作業が楽々です。

 

日本農業新聞データベース ご利用料金(消費税別)

 設定料金(導入時のみ) 5万円/法人
 基本料金(1ID含む) 3万円/月額
 追加料金(1IDごと) 1万円/月額

※年間契約(初年度は、利用開始月から3月まで)

 

お申し込みの流れ

①お問い合わせ→②当社からのご連絡→③ご利用申し込み→④URL、ID、パスワードのご通知→⑤ご利用開始

 

ご利用に当たっての留意事項

〇著作権やプライバシー保護のため、一部公開していない記事等があります。
〇1IDを20人で共有できます。ただし、同一IDによる同時ログインはできません。
〇利用登録部課署等(20人以内)の組織以外の方の利用は禁じます。
〇契約責任者はID、パスワードが漏えいしないよう管理してください。
〇推奨ブラウザは Internet Explorer11 以降、Google Chromeです。
〇システム保守等のためサービスを一時停止することがあります。
〇記事等を2次利用する際には、別途手続きが必要です。
日本農業新聞の記事・写真利用ご希望の方へ

おすすめ記事

検索

e農サーチ e農サーチとは