東京都心から発信 三菱地所と「食農のまち」 全中

 JA全中は15日、農林中央金庫や不動産大手の三菱地所などと連携し、東京のビジネス中心地である大手町・丸の内・有楽町エリアで「食と農のコミュニティー」づくりに乗り出すと発表した。28万人もの人が働き、飲食店も多く立ち並ぶ“巨大市場”を目がけて、ヒット商品に育てる食材評価会や農畜産物の直売会などを展開する。有望な取引先を掘り起こして商談につなげる構想もあり、全国に産地を抱え豊富な食材を供給できるJAグループの強みを発揮したい考えだ。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは