ジビエ 欧州は輸入国 日本産に余地?

 農水省は欧州の野生鳥獣の肉(ジビエ)輸入量の調査結果を初めてまとめた。ジビエの本場でも国内産だけでは需要を賄えず、フランスは流通量の7割、ドイツで4割を輸入が占めている実態が明らかになった。日本政府はジビエの利用を倍増させる目標を掲げ、販路開拓に力を入れており、将来的な欧州への輸出も視野に入れたいとする。

 同省の調査によると、フランスは2015年の流通量が1万1400トンで、うち輸入は8000トン。原産国はニュージーランドやオーストラリア、東欧などさまざま。

ドイツはデータが1998年と古いが、年間の流通量は4万5000トンと大きい。輸入物は2万トンと4割を占めた。

 日本政府は5月にまとめたジビエ普及の対応方針で、19年度までに利用量の倍増を目指す。国内の需要はまだ小さく、外食などでいかに掘り起こすかが課題。欧州に販路を築けば、国産ジビエの安定した売り先確保につながる期待もある。同省は「欧州はジビエの需要が大きく、国産を輸出できる可能性がある」と有望視する。

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは