人と地球の健康守る 世界に誇る茶草場農法 農業ジャーナリスト 小谷あゆみ氏

 静岡県掛川市東山の茶園は、整然と刈りそろえられたお茶の畝が丘を越えて続くそれは見事な景観で、「茶草場農法」の産地として世界農業遺産に認定されています。茶草場とは、ススキなどの草が生えている草地のことで、東山あたり一帯では150年以上昔から刈り取った草を畝の間に敷き詰めて傾斜地の土を守り、良質なお茶を育ててきました。

 この茶草場農法が、絶滅危惧種のカケガワフキバッタや、300種類以上の希少な植物の生息環境を育んでいたことが分かり、2013年、国連食糧農業機関(FAO)により、世界的に重要な農業システムだとして「世界農業遺産」に認定されたのです。

 お茶生産者は現在80戸。茶園180ヘクタールに対して茶草場は130ヘクタールあり、茶園の広さに匹敵するほどの草地を有します。急傾斜という地形故のお茶作りを工夫してきた人々の知恵と営みが、生物多様性を保ち、環境を守る役割をも果たしてきたということは、地域の課題をプラスに変える、いわゆる“ソーシャルビジネス”の先駆けです。

 国連は、地球環境を守りながら人類が発展する指針として、持続可能な開発目標SDGsを掲げています。世界農業遺産である茶草場農法はその17あるグローバル目標すべてを達成しているのです。これぞサスティナブル(持続可能)な農業です。パリ協定脱退を表明した国をよそに、先進国のほとんどは、環境を守りながらの発展にシフトしています。

 標高532メートルの粟ケ岳の斜面に大きな「茶」の文字があります。作られたのが85年前だと聞いて、私は驚きました。

 巨大な「茶」の字は、一辺が100メートルを超え、1000本のヒノキで作られています。トランシーバーなどない時代、手旗信号でデザインを指示したそうです。今でこそ新幹線からも眺められますが、当時の人々はなぜ巨大な茶文字を作ったのでしょう。「東山に茶どころあり」。他者よりもむしろ自分たちへの“宣誓”だったのではないでしょうか。お茶を作り、この地で生きていく。自信と誇りを感じずにいられません。

 「茶文字の里東山」代表の田中鉄男さん(69)は、「茶価は厳しいけれど、自分たちで利益を出してこの地域を守っていきたい」と2軒の茶店を営み、訪れる人に深蒸し茶を振る舞います。人々の健康だけでなく、社会や地球をも健康にする。世界に誇れる日本の農業、農家の心意気がその地域にありました。
 

おすすめ記事

コラム 今よみ~政治・経済・農業の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは