グローバルGAP 米174ヘクタール332戸 団体認証 国内最大規模 滋賀・JAグリーン近江管内4法人

 米のグローバルGAP(農業生産工程管理)で認証規模が日本最大級の組織が、滋賀県のJAグリーン近江管内で誕生した。4法人などでつくる「JAグリーン近江老蘇集落営農連絡協議会」が認証取得した。栽培面積約174ヘクタール、生産量約870トン、332戸が所属し、地域の8割近くの農地をカバーする。JAは、内部検査を担う人材育成による更新費の軽減などで支援体制を整える。認証取得と、生産量の多さを“武器”に販路開拓を狙う。

 
1 2

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは