21年度に8割めざす 新目標 小規模・零細てこ入れ HACCP導入事業者 農水省

 農水省は、食品製造業でHACCP(危害分析重要管理点)や、それに準ずる衛生管理を導入する事業者の割合を、2021年度までに現状の2.5倍以上となる80%(約4万社)にする目標を掲げた。食品の業界団体ごとに策定する手引書を活用するなどして、動きが鈍い小規模・零細事業者を中心にてこ入れしていく。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは