畜産現場 障害者と相思相愛 参画促進へ手引 経営支援協注意点周知

 畜産の現場で、障害者の就労を促す取り組みが進んでいる。労働力不足に悩む畜産側と、就労先を求める障害者の双方にメリットがある。ただ、分担してもらう作業を“切り出す”ことや、両者の接点の少なさなど課題は多く、就労は容易でないのも実情。畜産経営支援協議会は、障害者の参画を進める手引を作成して関係者に活用を呼び掛ける他、シンポジウムを開いて就労促進につなげる考えだ。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは