温暖化対策 法制化へ 新品目導入など推進 環境省

 環境省は、一定の地球温暖化を前提に、農産物の品質低下や、集中豪雨などの被害を軽減する「適応策」を推進する法律の制定へ、検討に乗り出した。適応策の充実と強化を法的に位置付け、国や地方公共団体が事業化や予算化を進める。幅広い分野で中長期的に対策を講じられるように後押しする狙い。法案は次期通常国会に提出する方針だ。

 
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは