脱臭用の微生物資材 効果ほとんどなし 国内販売30製品を測定 畜産環境技術研

 畜産現場では脱臭効果をうたった多様な微生物資材が利用されているが、畜産環境整備機構畜産環境技術研究所が一律な基準で脱臭効果を測定したところ、効果が認められた資材はほとんどなかった。「効果は限定的」「効果があったとしても即効性のある脱臭は期待できない」とまとめている。

 畜産農家は臭気の苦情が来ないように、さまざまな脱臭資材を利用しているが「効果が不明なものもある」と同研究所。国内で販売されている30資材を集め、同じ条件で科学的に脱臭効果を測定することにした。

 豚舎のスラリー(液状きゅう肥)に、これらの資材を振り掛けてから臭気ガスをにおい識別装置にかけ、臭気を測定。比較のため、資材の代わりに水をまいたサンプルも用意した。比べたところ、30資材のうち、臭気低減効果が確認できたのは1資材だけ。29資材は水と変わらなかった。

 効果が認められた1資材も、臭気指数は減ってはいるが、一般的な感覚ではかなりにおうレベルだった。研究報告では「効果が認められるのは限定的」と言葉を選んでいるが、今回の実験では、微生物資材に実質的な脱臭効果は、期待しにくいようだ。 

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは