春肥銘柄17に集約 注文積み上げ価格交渉 全農、共同購入改革

 JA全農は、2018年春肥用の高度化成とNK化成肥料の銘柄数を従来の約400から17に集約した。1銘柄の生産量を増やして製造効率を上げ、価格を引き下げる。9月から10月にかけて予約注文を積み上げ、“数の力”を背景にメーカーと有利に価格交渉をするため、共同購入への結集を農家に呼び掛ける。

 
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは