取引原則見直し意向 卸売市場改革で農水省

 農水省は12日、卸売市場法について、中央卸売市場の取引を原則として卸売業者から仲卸業者への販売に限定している取引規制について、廃止を含めた見直しを行いたい意向を示した。来年の通常国会への関連法案提出を目指し、近く卸売市場改革の全体構想と工程表を示して与党との調整を進め、年内に結論を出す。だが、業界団体や与党内には懸念や不安の声も大きく、調整が難航する可能性もある。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは