高齢者の安全総点検 事故防止へ機械士訪問 来年度農水省

 農水省は2018年度、高齢者の農作業事故防止のため、高齢者が持つトラクターなど農機の安全総点検に乗り出す。各自治体が認定する農業機械士などが農家に赴き点検、安全指導する。農作業死亡事故の84%を65歳以上が占めている(16年)ため、農機の点検・指導を徹底する。死亡者数を13年比15%減の300人以下にすることを目標に掲げる。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは