会社概要

  日本農業新聞は1928年「市況通報」として発行を開始、2002年8月には、農業協同組合法に基づく「農協組織」から、オールJAを結ぶ株式会社となりました。まもなく創刊90周年を迎える日本で唯一の日刊農業専門紙、食と農の総合情報メディアとして現在に至っています。

  揺らぐ食の信頼、見えない国内農業の未来図、地球規模で進む食料支配と環境破壊。不安と混とんの時代だからこそ、「食と農のかけ橋」を目指す私たちの使命と役割は、大きくなっています。

  私たちの事業の核となるのが、国内唯一最大の農業専門日刊紙、日本農業新聞の発行です。このほか、農畜産物の価格指標を示す「netアグリ市況」、JA農産物直売所情報紙「フレ・マルシェ」、JA広報のコンサルタント、海外農業研修視察団の派遣や各種セミナーの開催など、多彩な事業を展開しています。

  私たちは、生命産業を応援し、それを支える担い手たちとともに歩みます。JAグループをはじめ協同組合運動に携わる組合員、アグリビジネス、行政や研究機関、NPOやNGOなど、食と農に思いを寄せるすべての人たちと手を携えていきます。
 

 

    組織概要
3つの理念
1. 農業・農村が持つ多面的な役割や価値を発信し、国民各層と手を携えて、共生する公平な社会づくりに貢献します。
2. JA組合員の自立とJAグループの総合力発揮に寄与し、あらゆる協同組合組織と連携、組織連帯のきずなとなります。
3. 言論や表現の自由を守り、社会的・文化的使命を果たすため、役員・社員が高い倫理観を持ち、公正で品格ある紙面づくりに努力します。
4つの役割
1. 「食」と「農」の総合情報メディアを目指します  
2. JAグループの情報受発信センターとなります  
3. 担い手に役立つ紙面づくりを進めます  
4. 多様な媒体による国民への情報発信を展開します
会社概要
会社名:株式会社日本農業新聞(THE JAPAN AGRICULTURAL NEWS)

創立:1928年(昭和3年)3月20日
代表者
代表取締役会長 大橋 信夫 <役員名簿はこちら(PDF)>
資本金
9億1240万円
上場内容
非上場
従業員数
297人(平成29年3月31日現在)
売上高
約85億円(平成27年4月~平成28年3月)
事業所
本所(東京・秋葉原)、支所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)、支局(長野、松山)、駐在(新潟)

組織図はこちら(PDF)

関連団体・企業
全国新聞情報農業協同組合連合会(JA新聞連)
株式会社ジェイエイ情報サービス
主要取引先
全国農業協同組合連合会、全国共済農業協同組合連合会、全国農業協同組合中央会、農林中央金庫、および全国のJA、(株)電通、(株)博報堂、(株)大広、(株)朝日広告社ほか
加入団体
一般社団法人 日本新聞協会
一般社団法人 日本ABC協会
公益社団法人 日本広告審査機構(JARO)
公益社団法人 全日本広告連盟
公益社団法人 東京広告協会
公益社団法人 ACジャパン
公益財団法人 広告審査協会
公益社団法人 日本マーケティング協会
国際協同組合同盟(ICA)
日本協同組合連絡協議会(JJC)
所在地
〒110-8722 東京都台東区秋葉原2番3号
03-5295-7411(経営企画部)
03-5295-7403(読者相談室)



・JR線秋葉原駅「中央口」
・つくばエクスプレス秋葉原駅「A2・A3出口」
 徒歩約5分

・東京メトロ日比谷線秋葉原駅「2番出口」
 徒歩約7分

・東京メトロ銀座線末広町駅「1番・4番出口」
 徒歩4分

 

    沿革
1928年 帝国農会が日本農業新聞の前身「市況通報」を発行
1937年 「市況通報」を「日本農業新聞」に改題
1945年 全国農業会が「日本農業新聞」の発行を継承
1948年 全国新聞情報農業協同組合連合会を設立、「日本農業新聞」の発行を継承
1949年 (社)日本新聞協会に加入
1958年 日本農業新聞の発行を隔日刊に拡大
1967年 日本農業新聞の発行を順次日刊に拡大
1977年 ファクシミリ回線・コンピュータ導入
1978年 日本農業新聞の発行を全国日刊に拡大
1987年 日本農業新聞の日曜発行を開始
1988年 創刊60周年、電算編集システム(CTS)導入
ICA(国際協同組合同盟)に加盟  
1989年 JANNECS(電算編集システム)完成
「日経テレコン」で記事データベースのサービス開始  
1990年 拡大文字に移行(1段12字)
1991年 発行10,000号・全国55万部達成
1992年 会の愛称を「JA新聞連」と改める
1993年 創刊65周年、「日本農業新聞」題字を新デザインに
1994年 グリーン・チャンネル「JAアワー」開始
1997年 創刊70周年、JA新聞連創立50周年
2001年 電算編集システム(新CTS)導入、1段12字から11字に
  日曜タブロイド紙「&You」創刊
  ウェブサイト「e農Net」創設
  「キャンペーン2001 農業は生命産業」を展開(農政ジャーナリストの会「農政ジャーナリスト賞」受賞)
2002年 株式会社日本農業新聞を設立、JA新聞連から事業移管
キャンペーン「新時代を耕す 農業復権への提言」展開
(農政ジャーナリストの会「農業ジャーナリスト賞」受賞)
メールマガジン「JA高齢者福祉ニュース」創刊
2003年 創刊75周年を迎える
JAのホームページづくりを支援する「アナザー・スタッフ」事業開始
あぐりフォトサービス事業開始
2004年 キャンペーン「わくわく どきどき 食の学校」展開(農政ジャーナリストの会「農業ジャーナリスト賞」受賞)
一村逸品大賞創設
2005年 JA農産物直売所情報紙「フレ」創刊
2007年 地区版完全ワイド化
2008年 創刊80周年を迎える
新電算編集システム(新CTS)導入
拡大文字(N字)に移行
2009年 キャンペーン「食料有事」(農政ジャーナリストの会「農業ジャーナリスト賞」受賞)
2010年 新市況システム2010完成
青果市況「日農INDEX」(日農平均価格、NOPIX)の新設
農畜産物相場情報サイト「netアグリ市況」の運営
2011年 花市況「日農INDEX」稼働
2012年 「営農技術アイデア大賞」創設
「新市況システム2010」が日本新聞協会技術委員会賞受賞  
2013年 英文サイト「The Japan Agri News」創刊
キャンペーン「鳥獣害と闘う」(農政ジャーナリストの会「農業ジャーナリスト賞」受賞) 
2015年 CTSを更新

 

おすすめ記事

検索

e農サーチ e農サーチとは