水稲作況100「平年並み」 東北の日照不足影響 9月15日現在

 農水省が29日に発表した2017年産米の全国の作況指数(9月15日現在)は100で「平年並み」だった。東北の太平洋地方や関東で登熟期の日照不足が影響し、前回(8月15日時点)調査より作柄を下げた産地が目立った。一方で、近畿以西は生育が順調に進んだ。10アール当たりの予想収量は前年比10キロ減の534キロだった。

 前回の早場地帯(19道県)を対象にした調査より8県が作柄を落とし、北海道だけが上げた。

 ブロック別では、東北が100の「平年並み」。太平洋側の岩手、宮城、福島を含めた4県が前回いずれも102~105に相当する「やや良」だったが、今回は100~101に落ち着いた。田植え期以降の好天でもみ数は多めだったが、7月下旬以降の日照不足で登熟が進まなかった。

 関東は99。県別では栃木県が93の「不良」となった。登熟の停滞に加え、もみ数も少なかった。北陸は99。主力産地の新潟は97の「やや不良」で昨年の108「良」と対照的な作柄となった。同県の主食用米の収穫予想量は前年より1割(6万トン)減る見通し。

 東日本で「やや良」以上となったのは北海道など一部にとどまった。

 近畿以西は、田植え期から収穫期まで天候に恵まれて豊作傾向。もみ数が十分確保され、登熟も順調に進んだ。99の香川や96の沖縄を除き、全府県が100~104。

 9月下旬の台風18号の影響は反映されておらず、今後、作柄が下振れすることも想定される。

 全国の作況指数が99~101の「平年並み」となったのは、100だった15年産以来。16年産は103の「やや良」だった。

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは