[2017衆院選] 検証「安倍農政」4年10カ月 成長戦略 目標遠く 輸出増も自給率低下

 10月10日公示・22日投開票の衆院選では、4年10カ月に及ぶ安倍晋三首相の政権運営が争点となり、首相官邸が主導する農政改革の是非も問われる。対外的には、環太平洋連携協定(TPP)交渉を推し進めて農産物のかつてない市場開放に踏み切る一方、国内では「攻めの農業」「成長産業化」を掲げて農政改革に取り組んだ。この間の農業はどう動いたのか。農水省の統計から検証した。
 
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは