果樹肥料の銘柄集約 値下げ最大1割めざす 全農えひめ

 JA全農えひめは、県本部独自に果樹栽培向け配合肥料の銘柄集約に乗り出す。現在の65銘柄から5程度まで減らす。銘柄数の集約で農業者の事前予約注文を積み上げ、共同購入のスケールメリットを生かし、肥料価格の引き下げを実現する。全農えひめは、5~10%の価格引き下げを目指す。

 
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは