和歌山ミカン来店者に人気 全農がフェア

ミカンの収穫を体験する来店者(10日、東京・大手町で)

 JA全農は10日、東京・大手町にあるアンテナショップ「いちごいちえ」で、和歌山フェアを開いた。JAありだの協力を得て「有田みかん」(4個250円)を販売。JA役員らが試食を振る舞った他、鉢植えの木を使ったミニ収穫体験も実施。用意していたミカンが売り切れるなど、会場は来店者でにぎわった。

 収穫を体験した、近隣のビルで働く40代女性会社員は「こんなに間近でミカンが植わっているところを見ることは、あまりない。楽しい」と話した。フェアに合わせて、全農の直営レストラン「ラ・カンパーニュ」では、シェフが考案した、有田みかんを使った「みかんのキャラメルコンポート 自家製アイス添え」(800円)の提供も期間限定で始めた。

 JAありだの三ツ橋伸二組合長は「関東では愛媛産ミカンの方が有名かもしれないが、これを機に有田みかんのファンになってほしい」と話した。

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは