EUが輸入規制撤廃 来月から 産地負担軽減へ 福島県産米

 農水省は13日、欧州連合(EU)の政府に当たる欧州委員会が、東京電力福島第1原子力発電所事故を受け、福島県産の米に課していた輸入規制を12月1日から撤廃する、と発表した。放射性物質の「検査証明書」が不要となる。証明書発行にかかる費用や手間など、産地の負担が軽減される。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは