国認定で民営可能 取引規制は大部分廃止 市場改革 農水素案

 卸売市場改革に関する農水省の素案が22日、分かった。現行の卸売市場法で定める取引規制は大部分を廃止し、一部だけ「共通ルール」として維持する。このルールを守ったところを国が中央卸売市場として認定する。このルールさえ満たせば、民間市場でも認められ、公設を基本としてきた卸売市場制度の大転換となる。現行市場法の廃止を前提にした改革案には、与党や市場関係者に慎重論が強く、内容が変わる可能性もある。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは