2キロ超 「冬将軍伝説」怖いものなし

ジャンボ梨がずらり。大きさに驚く親子(群馬県高崎市で)

 群馬県のJAはぐくみはるな梨研究会が高崎市で開いたジャンボ梨コンテストに、子どもの頭ほどの大きさのジャンボ梨が並んだ。通常は1玉が300~500グラムなのに対し、大きい物は2キロを超える。冬の到来とともに食べ頃を迎えることから、特に大きい梨を「冬将軍伝説」と名付けてPRする。

 ジャンボ梨は、晩生で大玉に育つ「王秋」「あたご」「新雪」の総称。11月に収穫し、品種によっては翌年3月ごろまで長期保存できる。

 研究会の山木久利会長は「果肉がみずみずしくおいしいので、多くの人に味わってもらいたい」と話す。

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは