交流育む「農園付き」 “農”ある暮らし 入居者続々 資産活用、ファン拡大 JAぎふが企画

住民に野菜の収穫時期を教えるJAの村下さん(左)(岐阜県各務原市で)

 岐阜県JAぎふが今年度から始めた、農園付きの戸建て賃貸住宅が人気だ。2月から入居者の募集を始め、1カ月で8棟全ての入居が決定。増設も決まっている。土地や建物は組合員の所有で、組合員にとっては借り手が付きやすく安定した資産活用につながる。JAは野菜の種の提供や栽培指導を通じて、入居者との関わりを強めており、JAの理解者を増やすことにもつなげている。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは