規制会議提言に反論 現行法堅持 議連が決議 市場改革巡り自民

 卸売市場制度の抜本改革を巡る政府の規制改革推進会議の提言に、自民党が反発し、全面対決の様相となっている。同党は29日の農林合同会議で、規制改革推進会議や農水省の改革案について議論したが、反対論や慎重論が大勢を占めた。さらに、同党国会議員有志でつくる卸売市場議員連盟(会長=森山裕党国会対策委員長)は同日、国会内で緊急集会を開き、卸売市場法の堅持や、中央卸売市場の「認可制」維持などを柱とする決議を採択した。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは