新会社「JAカード」 1月から営業開始 農林中金と三菱UFJニコス

 農林中央金庫と、三菱UFJニコスは25日、共同出資して設立した新会社「JAカード」の営業を1月1日から始めると発表した。同社はクレジットカードの「JAカード」をはじめ、決済サービス事業に特化した業務を展開。ICT(情報通信技術)の進歩で決済手段が多様化する中、最先端技術の活用で組合員ら利用者の利便性向上につなげる。JAの組合員らが共済・購買事業を利用する際のキャッシュレス化などに対応し、JA事業の効率化などを目指す。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは