立憲 基本政策を決定 戸別補償法制化が柱

 立憲民主党は28日、党の基本政策を決めた。農業政策は、戸別所得補償制度の法制化を目玉に掲げ、担い手重視を鮮明にする政府・与党との違いを打ち出している。米政策を見直す2018年産以降、米農家の経営をどう下支えしていくのか。年明けの通常国会では、所得補償の在り方が大きな論点となりそうだ。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは