[若者力] ネギ「龍翔」 届けたい 最若手 収穫きょうから 埼玉県美里町福島史昭さん

「柔らかい龍翔を食べてほしい」と話す福島さん

 美里町の福島史昭さん(32)の栽培する長ネギ「龍翔」の収穫が5日から始まる。「龍翔」は柔らかく甘味があり、おいしいと評判の品種。ただ、柔らかい分、品質を保ちながら出荷するのが難しく、管内での生産者は少ないが、福島さんは「龍翔」の栽培を続けている。「柔らかくておいしい長ネギを消費者に届けたい」という思いを込める。収穫は2月中旬まで。

 福島さんは、美里町のネギ生産者の中で一番の若手。地域で耕作放棄地が増えていることを心配し、25歳で就農し、現在は両親とネギ、ブロッコリー、キャベツなどを生産する。「先輩のアドバイスを聞きながら、規模を拡大していきたい」と今年の目標を話す。

 「龍翔」は昨年5月末に定植し、秋は台風の影響を心配したが、早めに土寄せを行い、例年通りに収穫できるまで持ち直した。

 お薦めの食べ方は鍋。「繊維質が柔らかく歯触りがいいので、湯豆腐やキムチ鍋に入れるとおいしい」と福島さん。栽培への自信がみなぎっている。

おすすめ記事

若者力の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは