ササニシキ米粉入りうどん「想里(ふるさと)」 宮城・JA古川

ササニシキ米粉入りうどん「想里」

 宮城県JA古川管内産の小麦粉と米粉を使ったうどん。米粉は県古川農業試験場で誕生した「ササニシキ」を使用。小麦「シラネコムギ」にブレンドし、喉越しが良く、もちもちとした食感に仕上げた。

 管内は「ササニシキ」の産地。商品開発を担当した職員は「希少価値の高い『ササニシキ』を使い、ワンランク上の商品をテーマに開発した」と話す。商品名は、食べてもらう人に故郷への思いを巡らせてもらえるよう「想里」と書き「ふるさと」と読ませた。

 JAタウンで化粧箱6袋(1袋200グラム)2460円、12袋3930円(送料込み)で販売。問い合わせはJA生活課、(電)0229(52)5116。

おすすめ記事

一村逸品の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは