ドローン薬剤散布 自動飛行も可能に 年度内に指針改定 農水省

 農水省は、3月までにドローン(小型無人飛行機)を使った薬剤散布の技術指針を改定し、自動飛行による散布を可能にする。操縦不要で散布できる基準を定め、省力化を求める現場の声に応える。今夏の水稲防除シーズンに間に合うよう、機体の安全対策や、自動飛行ができる天候や圃場(ほじょう)条件の選定を急ぐ。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは