コチョウラン 若者誘うトンネル 長崎県佐世保市

コチョウランが通路を取り囲むトンネル。若者が連日訪れる(長崎県佐世保市で)

 テーマパークのハウステンボス(長崎県佐世保市)で約2000鉢のコチョウランを使ったトンネルが来場者を楽しませている。ピンク、白、紫など色とりどりの花が、9メートルの通路を取り囲む。200品種を集めた「大胡蝶蘭展」の目玉で、今年初めて製作した。流行語にもなった「インスタ映え」を意識。インターネット交流サイト(SNS)で話題となり、若者が連日足を運んでいる。

 展示する花は主に福岡県の花き卸から仕入れた。高級品として知られるが、鉢物は日持ちの良さから期間中に取り換えが不要。ハウステンボスは「花の展示イベントとしては低コストだ」と明かす。青いコチョウランを4メートル並べて滝に見立てた作品など、他にも見応えある展示物が並ぶ。開催期間は2月19日まで。

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは