段ボール陳列棚イベント活用を 軽い、丈夫 設営簡単 全農とレンゴー

全農とレンゴーが開発した段ボール製のキット。簡単に組み立て片付けができる(横浜市で)

 JA全農と段ボールの製造・販売を手掛けるレンゴーは、段ボール製で簡単に組み立てることができる売り棚を共同開発した。農産物などの販売イベントでの陳列に活用できる。軽くて持ち運びがしやすく売り場の設営が簡単。JAなどの利用を想定する他、同商品を通じてショッピングセンター(SC)などに地産地消コーナーの設置を呼び掛け、国産農畜産物の消費拡大などにつなげる。

 マルシェなどの販売イベントで使う従来の売り棚は、コストが高く、保管場所も必要な上、設営に時間がかかるなどの課題があった。全農は、軽さと丈夫さを兼ね備えた段ボールを扱う同社と協力し開発した。

 商品は「マルシェキット」と名付けた。商品を入れる陳列箱が縦に三つ置ける棚一つと、平台二つをセットにした。道具を使わずに簡単に組み立て・片付けが可能。厚さ17センチの段ボールに収納できる。軽量で収納すれば女性が1人でも持ち運びできるという。繰り返し使える上、傷めば段ボール資源としてリサイクルでき、環境にも優しい。販売価格は未定。今夏から発売する予定だ。

 全農は1月に開かれた「SCビジネスフェア」に出展し、同商品を紹介した。SC内に地元産の食材を販売するマルシェを導入することで、地域活性化とSCの魅力向上につながることを提案。売り場設営が簡単にできることや、売り場の演出としても活用できるとPRした。

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは