土地改良区に「准組」 農水省案 運営支える人材確保

 農水省は2日、土地改良区制度の見直し案をまとめた。土地改良区について、現行の組合員に加え、それに準じる「准組合員」を新設するのが柱。現行では、実際に農地を利用する「耕作者」が組合員になっていないケースもあるため、まずは准組合員になり、土地改良区の運営に参加するよう促す。土地改良区を支える人材を確保して運営基盤を強化するとともに、より耕作者の意見を反映できる体制にする。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは