種雄牛「福之姫」 育種価で歴代最高 「桁違いの改良力」 家畜改良事業団 

並外れた改良力で選抜された「福之姫」(家畜改良事業団提供)

 家畜改良事業団は6日、黒毛和種の種雄牛6頭を、新たに選抜したと発表した。このうち藤良系の「福之姫(P黒948)」が脂肪交雑(BMS)に重きを置いた同事業団の育種価評価で突出した値を示し歴代1位の結果となっている。特にBMSの改良効果が高く、枝肉重量の育種価と併せ、同事業団は「並外れた桁違いの改良力」と評価している。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは