魚津の米騒動つけめん 母ちゃんの怒り味 富山県魚津市

魚津の米騒動つけめん 母ちゃんの怒り味

 富山県魚津市の私立新川高校コミュニティビジネス部が開発した、米粉のつけ麺。魚津町(現・魚津市)を震源地に全国に波及したとされる米騒動から100年の節目をPRする狙い。昨年、商品化した。

 魚介しょうゆ味とし、蜂起した漁師の妻たちの怒りを表そうと、トウガラシを添えた。市内の石川製麺が協力。JAうおづの米粉を使う。グルテンが含まれないため、小麦アレルギーでも食べられる。

 希望小売価格は1袋(160グラム)580円。同校で購入できる。3月17日限定で北陸自動車道有磯海サービスエリアでも販売。問い合わせは同校(担当=濱元克吉教頭)、(電)0765(24)2015。

おすすめ記事

一村逸品の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは