米検査抜本見直し 22年度までに等級廃止 農水省

 農水省が2022年度までに米の農産物検査の仕組みを抜本的に見直す方向で検討に入っていることが14日分かった。検査規格規程で定められている外観検査に重きを置いた1等、2等といった等級を全面的に廃止し、品位鑑定の新たな方法を示す。現行の検査員の目視から、機器による計測にシフトすることも盛り込む。米のトレーサビリティー(生産・流通履歴を追跡する仕組み)制度などを踏まえ、農産物検査を受けなくても、米の販売時に品種や年産などを表示できる方向で検討する。品質の安定した米供給の確保に向け、慎重な議論が必要になる。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは